ECサイト向けの究極のアクセス解析ツール Shopnote|ショップノート

メールでお問い合わせ

GAアカウント設定


Google AnalyticsをECサイトに導入・設定する5ステップ


Google Analyticsの導入ステップ


eコマースサイトにGoogle Analyticsを導入するステップを、大きく分けて5つに分けて説明していきます。




なお、まず最初に注意をしたいのが、そもそもGoogle Analyiticsは全てのECサイトに導入出来るわけではありません。

楽天、amazon、DeNAショッピングなどの大手モールについては、導入をすることが出来ないなど、利用しているサービスによって制約もあるため、皆さんが利用されているカートASPサービスやモールなどに事前に確認することをお勧めします。


ステップ1:Googleアカウントの作成

Google Analyticsは、Googleのサービスであるため、「Googleアカウント」が必要となります。

GmailやGoogle+のサービスを利用していれば、既にGoogleアカウントは保持している事になります。

さらに、Android端末を持っている方も、初期設定でGoogleアカウントを作成しているはずです。

もし持っていない場合は、ここから作成して下さい。

https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja




作成は5分もかからずに完了しますが、躓きやすい入力項目を簡単におさらいしていきたいと思います。

まず最初に引っかかるのが「ユーザー名」です。

これは英数字での入力となりますが、ここで指定したユーザー名がGmailアカウントで使用するメールアカウントとなるため、他人が使用しているユーザー名は利用出来ないので注意して下さい。

また、このユーザー名は、アカウント開設後には変更が出来ません。

次は「生年月日」です。

ここは特に問題はないと思いますが、法人としてアカウントを作成する場合、ついつい会社の設立年月日を入力してしまいがちですが、Googleアカウントは13歳未満では開設出来ないため、13歳以上になる年月日の入力が必須となります。

次は「ロボットによる登録でないことを証明」。

これは、初めて見る人であれば、だいぶ面食らうことが想像されます。

これは、ロボットなどが自動でアカウント登録してしまうことを防ぐもので、画面に表示されている2つの文字列を続けてテキストボックスに入力する必要があります。(2つの文字列の間にスペースなどは不要)

しかし、ロボットが高度化してきているに従い、この文字列も難しく表示し、正直人間でも判別が難しい文字列が表示されるケースが多くなってきています。

読みにくい場合は、テキストボックスの右にある回転矢印のマークをクリックすると文字が変わるため、読める文字列が表示されるまで何回か試していただきたいと思います。

その他、詳細の入力方法は、非常によくまとまっているので、ここを参考にして下さい。

http://www.ajaxtower.jp/googleaccount/new/index1.html

このような画面が表示されれば、登録は成功となります。





ステップ2:Google Analyticsアカウントの作成

ステップ1で作成したGoogleアカウントですが、Google Analyticsアカウントとして利用することをここから登録する必要があります。

http://www.google.com/intl/ja/analytics/index.html




この画面の右上の「ログイン」または「アカウント作成」をクリックします。

GoogleアカウントとGoogle Analyticsアカウント。

何でこの似て非なるものを2つも作成する必要があるのでしょうか。

これは、完全にGoogleの都合によるところが大きいのですが、「Googleアカウント」はGoogleのその他のサービスにおいても共通的に使うことが出来るアカウントで、「Google Analyticsアカウント」はGoogle Analyticsを利用するためのアカウントとなっています。

今は複雑に感じますが、これが分かれていることによって便利な側面もあるため、今は両方を順番に作成しなければならないものである、と理解しておくことに留めたいと思います。




話はそれましたが、「ログイン」または「アカウント作成」をクリックした後、この画面が表示されます。

ここで、ステップ1で登録したメールアドレスとパスワードを入力すると「Google Analyticsアカウント」の作成を行うことができます。

ステップ1から続いて行った場合は、ここでは、メールアドレスが入力された状態になっているので、パスワードの入力だけで大丈夫です。

ここでログインをすると、以下のGoogle Analytics申込画面が表示されます。




この画面で右側の「お申し込み」ボタンを押すと、「Google Analyticsアカウント」作成は完了となります。

(画面は、そのままステップ3での設定の作業に移ります。)

このステップでは、パスワードを入力し、申込ボタンを押すだけの簡単な作業となります。


ステップ3:Google Analyticsアカウントの設定

ステップ2を行うと同時に、Google Analyticsアカウントの設定が始まります。




画面には急に専門的な用語が羅列されて面食らうケースも多いと思います。

しかし、実際に設定が必要な項目は限られています。

トラッキングの対象はウェブサイト、トラッキングの方法はUniversal Analyticsが選択されていると思いますが、ここではそのままで大丈夫です。

ウェブプロパティの設定、そしてその下のアカウントの設定が、唯一入力が必要となるエリアとなります。




ウェブサイト名は、どのような名前でも構いません。

皆さんがお持ちのサイトと混同しない名称を付ければ問題ありません。

ウェブサイトのURLは、ショップのURLを記入します。

業種も、特にこの項目によって何かが影響されるものではなく、アンケートに近いものだと考えられるので、気軽に一番近い業種を選べば大丈夫です。

レポートのタイムゾーンは「日本」を選択します。

さらにその下のアカウント設定のアカウント名は、このGoogle Analyticsアカウントがどの単位で作成されているかによって変わってきますが、会社名や担当者名など任意のものを設定していけば大丈夫です。(ここでは「おとぼけ店長」と記入してみます。)

上記の入力を完了し「トラッキングIDを取得」ボタンを押してみましょう。




問題がなければ、上記の利用規約が表示されるので、ここで「同意する」を押します。

そうすると、アカウントの設定が終わり、以下のトラッキングコード取得の画面が表示されます。




Google Analyticsアカウントの設定が終わりほっと一息、といきたいところですが、ここで1つ忘れてはならない設定があるので、寄り道をします。

画面上部のタブの中の一番左の「プロファイル」を選択して下さい。




さらにこの画面の「すべてのウェブサイトのデータ」を選択します。




さらにこの画面の「プロファイル設定」を選択します。




ようやく到達したこの画面で、2つ設定をして下さい。




通貨の表示で「日本円」を選択します。

そして、e コマース トラッキングにて「はい、eコマースサイトです」を選択します。

以上で、設定は完了となります。

このアカウント開設から設定までのステップを少し前の画面イメージとなりますが、ここでも詳細に解説しているので、参考にして頂きたいと思います。

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2012/04/05/12504


ステップ4:トラッキングコードの入手

先ほど設定を終えた画面からブラウザの戻るボタンで3つ前の画面に戻り、トラッキングコード取得の画面を表示させて下さい。




この画面にてこのエリアを選択することで、トラッキングコードはいつでも入手することが出来ます。

ここでの注意点が1つあります。

コピーしたトラッキングコードですが、普通はその場でサイトのソースコードに貼り付けることが出来ないため、メモ帳などのテキストエディタにコピーして保存するケースが多いと思います。

しかし、その際このスクリプトがテキストエディタ上で改行されてしまっていることがあります。

これに気が付かずに、テキストエディタ上でコピーして、ソースコードにペーストすると、トラッキングコードは機能しなくなります。

この注意点は、Google Analyticsをサイトへ導入する際に一番多い手違いなので気をつけたいところです。


ステップ5:トラッキングコードのサイトへの設置

最後は、ステップ4で入手したトラッキングコードを皆さんのECサイトへ設置する作業となります。

このステップは、使用しているカートASPサービスなどによっても異なってくるため、少し複雑になりますので、考え方だけ説明していきたいと思います。

まず、ECサイトの場合、一番重要なポイントは、ステップ4で入手した通常のトラッキングコードをサイト(全ページ)へ設置するだけでなく、「eコマーストラッキングコード」を購入完了ページ(通称サンキューページ)に設置する必要があり、これが少し高度なテクニックを要するものとなります。


トラッキングコードを全ページに設置する


ステップ4で入手したトラッキングコードを全ページに設置する必要があります。

ここでは、再度の記載となるが、不要な改行が入っていないかを確認して、ソースのタグの直前に貼り付けます。

現在のGoogle Analyticsのトラッキングコードは「非同期トラッキングコード」と呼ばれるものに変わっており、タグの直前に貼り付けることが推奨されていますが、従来のものはタグの直前に貼り付けることが推奨されていました。

時々、非同期トラッキングコードを利用しているにも関わらず、タグの直前にトラッキングコードが貼り付けられているケースを目にしますが、特に大きな影響はないとは考えられますが、推奨通りタグの直前にトラッキングコードは貼り付けたいところです。

また、多くのサイトにおいては、CMSと呼ばれるコンテンツ管理システムが導入されているため、パーツの共通化が行われており、ソースが共有化されていて、一箇所に上記のソースを記載すれば、全ページに自動的に展開される便利な機能が導入されています。

皆さんの利用しているシステム、カートASPサービスのヘルプページにトラッキングコードの実装方法が大抵は記載されているはずなので、そちらを確認して頂きたいと思います。

Google Analyticsの導入に対して配慮しているシステムでは、「プロパティID」(もしくはトラッキングID)を所定の場所に記入するだけで導入が完了するケースもあり、非常に便利です。

プロパティID(もしくはトラッキングID)とは、ステップ4で入手したソースコードの中に含まれる「UA-XXXXXX-Y」のこと、もしくはステップ3で表示されている「トラッキングID」のことです。


eコマーストラッキングコードをサンキューページに設置する


最後かつ最大の難関が、このeコマーストラッキングコードをサンキューページに設置するところです。

ここでの説明は、ソースコードレベルでの内容には触れません。

基本的には、ここも上記の通常のトラッキングコードの導入と同じく、皆さんの利用しているシステム、カートASPサービスのヘルプページにeコマーストラッキングコードの実装方法が記載されているはずなので、そちらを確認して頂きたいと思います。

しかし、一部のカートシステムなどにおいては、契約しているコースによっては利用出来ないなどの制限がある場合があり、このコードの導入が出来ないケースがあります。

そのような場合は、残念ながら、売上高や販売個数などのデータはGoogle Analytics管理画面からは確認することが出来なくなります。


最後に

以上で、Google Analyticsを皆さんのECサイトに導入・設定することが出来ることになります。

なお、設定がうまくいっても、即座にはGoogle Analyticsの管理画面上にアクセスなどのデータは反映されません。

最短でも4時間程度、遅くても翌日にはデータの反映が開始されるので、それまでは気長に待つ必要があります。

管理画面にデータが反映され、またeコマースのメニューの中にもデータが反映されたら、導入はしっかり完了した状態となっています。

【2013年9月17日更新】